FC2ブログ

セブ島リハビリ(介護)日記 JWBホテル

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

海洋療法

 本日は「海洋療法(タラソテラピー)」に付いて書きます。

 最近特に話題になりつつある「海洋療法」とは?

 DSCN1195.jpg


 タラソテラピーはフランス語ですが、ギリシア語で海を意味する
「Thalassa:タラサ」と治療を意味する「therapiea:テラピア」に
 由来する合成語です。
 もともとの意味は、健康の維持や療養を目的とした「海水浴」なのだそうです。

 ですので、海洋療法の基本は海水を利用した入浴と言う事になりますが、
 昨今では海水や海草、泥などを用いた治療法の意味で広く用いられている
 ようです。

 DSCN1143.jpg

 
 それではなぜ海水入浴が体に良いのか?

 タラソテラピーの医学的発展の元となったのは、フランス人科学者の
 ルネ・カント氏で、海水成分と人の血液成分が非常に似ているという証明や
 海水の治療効果についての実験が有名だそうです。

 体に良い一番の理由は、海水にミネラルが豊富に含まれているという事です。
 
 ナトリウム・カルシウム・マグネシウムなどの代表的なミネラルはもちろんの事
 微量元素を含めると、92種類も成分が入っていると報告されています。
 しかもこれらの成分は、皮膚から浸透して体内の代謝を活性化させるなどの
 効果も認められているそうです。
 特に循環器や神経系統の障害に効果があると言われています。

 DSCN1089.jpg


 しかも海水の成分は人間の体液や妊婦の羊水に近いため、不思議な安心感が得られ
 "癒し"効果も期待できるのだそうです。

 
 
スポンサーサイト



| 未分類 | 20:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |