セブ島リハビリ(介護)日記 JWBホテル

2012年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Mさんの、体験入居

千葉県からお越しのMさんが、5月20日から、6月8日まで体験入居でJWBホテルに

いらっしゃいました。

マレーシアで長く生活をされていたMさんは、当初は老後もマレーシアでと考えていま

したが、たまたま遊びに来たセブの環境や、物価の安さを知り、その確認とリタイア後

の生活を調べるため、セブでの体験入居を決めました。


田舎が好きで、のんびりすることが好きなMさんは、大都会の喧騒が嫌いなため、セブ市

に出かけることも少なく、ほとんどホテルの近くのリゾートエリアで買い物をされたり

マリンスポーツを楽しまれていました。

1_20120609172649.jpg

ホテルから、車で4時間掛かるセブ島南端のリロアンにも行かれ、ダイビングを

楽しまれるMさんですが、一日でたくさん潜るのではなく、ダイビングは午前中だけで

午後はのんびりと過ごされるスタイルです。

海況が良くないときは、一日ビーチで横になったり、レストランでインターネットを

楽しんだりする時間が多かったようです。

2_20120609172648.jpg

「都会派でなく、自分と同じようなリゾート好きで、田舎が好きな人には

セブはおすすめですね」とおっしゃるMさん。

食事も問題なく、スタッフの多くが日本語を理解するJWBホテルは海外が

初めての方でも安心して長期間利用できるのでは、と言ってくださいました。


Mさんは今回の体験入居で、マレーシア、タイ、セブと各国を比較し、セブで

老後を過ごすことを、決定されたそうです。

南国のリゾート生活に、興味はあるけど英語ができないから心配で、と

リゾート生活をあきらめている方は、ぜひ一度、日本語で生活できる

JWBホテルにお越しください。
スポンサーサイト

| 未分類 | 17:40 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。